クリミア自治共和国の銀行: さようなら, お金

4
2179
Банки в Крыму: прощай, деньги

銀行は、クリミア自治共和国でその構造の細分化を開いた場合, 意味, 最も可能性の高い, 預金者のお金を失う. 彼らは占領地に自分たちはわずかな関係を持っていない場合でも. ちょうどクリミア自治共和国の銀行-長いライブ.

それはないも、, 制裁の下で取得し、海外資産を失うにできるだけ早くこのような信用機関が危険にさらさ. 原則として, クリミア半島に行く人, 何も失うものがあります。. これは疑いなく信用機関のライセンスの TSB 統計情報を言う.

クリミア自治共和国の銀行: 統計情報

ロシアからの信用機関のための人気のピークに達した半島 2014 年. ないだけ近視眼的対応も安価にだまされて, ただし、非常に質の悪い休暇. 幸福感と金融ユニバーサルがバイパスされていません.

クリミア半島でのキャプチャ時に働いた順序 70 ウクライナの信用機関. ただし、ウクライナの国立銀行は、金融機関が一時的に占領地域でサービスを提供を禁じた. その結果、彼らが全て消えています。. それが多く見えたので、, 空いている席を空席.

唯一の 2 つの信用機関, クリミア自治共和国の領土にもともと登録されています。, 解決策を提出しないでください。: セバスト ポールにある海銀行や黒海地域開発銀行 (CHBRR). ほとんどすぐにウクライナのライセンスを失った.

1 つの時点でクリミア軍が開放 31 侵略国ロシアの銀行. にもかかわらず, 彼らの行動が最も直接国際的な制裁に該当します。. おそらく, 誰かのように見えた, そのすべてになります. 伝統的なロシア AVOs を期待してください。. しかし、原則として, それ以外の場合最初から.

クリミア半島で動作します。

クリミア自治共和国の銀行は、何よりもまず, これらの組織, 人, 大, 何も失うものがあります。. 開拓者の中にいた」ロシア», 最初の主題の 1 つ 制裁, 多くのメディアによると, ポケット バンク社長. RNCB だけでなく、, その時、所有 VTB グループ 半島の地方自治体によって販売.

信用機関の 2 番目と最も人気のあるカテゴリ, クリミア半島の podavšihsâ は最初小さなと怪しげな銀行. それら, 人は初期状態で、すべての良い評判で行き、意図的には、コント ローラーの問題.

ことができます。, それらの多くはロシア当局とロシアの銀行でいくつかの道楽にカウント. 誰かが期待していた, 任意の罪, 大と小, 目を閉じて.

しかしの結果として 31 秋にクリミア自治共和国の銀行 2016 年左のみ 14. 統計によると, 時間の経過 15 信用機関がライセンスを失っています。. 支払い総額は既にについて預金保険機関によって評価し、 3,5 億ルーブル. しかし、これは, どうやら, そんなに比較はしません。 100 多額の補助金.

クリミア自治共和国、そして失われたお金の銀行

すべてのこの提案は、, クリミア自治共和国の銀行, 自体、半島など, セバスト ポール市特別な状態は、当然信頼できないと. すべての投資家は, も 50% 保険基金から支払いを受け取るキューにするチャンス.

確率, 銀行がクリミアの制裁の下で来ることはもチャンスではないです。, この保証. ので、これらの信用機関の通貨でアカウントに離さない – 金融の狂気を取ることができます。.

さらに, これらの資金, 金融はすでに証明してそれにもかかわらず、海外特派員のアカウント上に固定するには, まだ実物資産として中央銀行の指示に従い考慮に入れ. しかし、これはわけ, 彼らが戻ることができること. また行かないがウクライナから盗まれた戻るまで現在の政府.

それは時間の問題だけ, 預金保険代理店が現在支払いに十分なお金を提供します。. 資産まで行方不明者, 破産を大規模なしていない中. 明らかに全然本格的な銀行パニック金の場合がないです。.

ここから悲しい結論を下すことができます。: クリミア自治共和国の銀行とそれを台無しにしないお勧め. なおさら, 金融機関がその構造の細分化を開いた場合, アカウントを閉じるし、一般にそれから離れて滞在をお勧め.

4 レビュー

  1. [はい], быстро же прошла эйфория. Печально все это, нет банковнет экономики, истина стара, как мир. 真, приходилось слышать мнение, что ни банков, ни курортов там в принципе быть не должно, только военные базы. Может это сознательная политика на выдавливание финансистов из Крыма.

  2. Не паникуйте ребята. Вот уже 2,5 года Крым живет и процветает с оставшимися банками. Без банков – いいえ “кровеносной системытерритории. Мы пожили 3 месяца в момент удирания украинских банковэто коллапс. Хорошо нас выручил банк ЧБРРжизнь закипела и мы ожили. [はい], остались наши гривны и в депозитах и на счетах Украины. Но осталась украинская недвижимость на территории Крыма. Благодаря Главе Крыма Аксенова Сергея Валерьевичамы получаем возмещение пока депозитов, надеемся и на возмещения средств на счетах. Только бы не забрали куда-нибудь Аксенова С.В. 上 “повышениеиз Крыма. メイン – мир и солнце в Крыму

フィードバックを残す

使用してログイン: